通院治療のコストパフォーマンス

がんの通院治療に必要になるコスト

がんの通院治療において必要になるコストとしては大きく、交通費、治療費、検査費用などが挙げられます。こうしたコストのうち、意外と無視できないのが交通費です。入院治療とは異なり、通院治療では当然1回の診療ごとに交通費が必要になります。治療が長期化し、通院期間が長くなるにつれてトータルの交通費もかさんでしまうため、病院まで1時間以上かかる地方都市などでは交通費だけでも数万円単位になってしまいます。
通院治療では抗がん剤治療などの化学療法がメインとなりますが、抗がん剤の種類や投薬期間によっては医療保険の適用対象外になってしまう場合があります。薬の種類を含め、具体的な治療法については事前に主治医から相談されますので、充分な知識と情報をそろえたうえで適切な選択肢を見きわめましょう。

通院治療に通院保障は使えない?

長期的ながん治療の経済的負担を軽減してくれるがん保険。現在は通院保障つきのがん保険が主流になっており、治療期間中の通院費用も包括的に保障する、という触れ込みでシェアを拡大させています。
しかしながら、すべての通院保証つきがん保険で通院費用が全額カバーされるわけではない、ということにも注意する必要があります。通院保証つきがん保険で実際に保障されるのは、あくまでも「入院を前提としたがんの治療」のみであり、通院のみで完治させられるタイプのがんの場合、通常の通院保障ではカバーされない場合があります。
ここ数年は入院を前提としないがん治療に関しても保障の対象としている通院保障も増えていますので、がんにかかる前からあらかじめリサーチしておきましょう。


TOP