がんの治療も最近は入院ではなく通院も可能

がん治療の通院治療がわかる!

通院治療でがんは治るのか

日本国内におけるがん治療といえば、かつては入院治療が当たり前であり、半年から数年単位で入院をして抗がん剤治療や放射線治療を受ける、というのがオーソドックスな流れになっていました。

もちろん、現在も入院を前提としたがん治療は行われていますが、一方で通院によるがん治療も増えており、投薬治療のみでがんの根治を目指すアプローチも主流になりつつあります。

入院が必要ないとなれば当然患者側の負担も大幅に軽減されますし、自宅にいながらにして治療を進められるためストレスもほとんどありません。そのうえ、通院治療であれば仕事を続けながら行えるため、がん治療が長期化することで起こる収入面の悩み、治療費の心配も減らすことができます。

ではなぜ、日本でも通院によるがん治療が可能になりつつあるのでしょうか。がん治療は世界的にも日進月歩の勢いで進歩しており、日本国内でも画期的な新薬が数多く認可され、また、これまでにない治療法が確立されたことで、入院以外のがん治療の選択肢が広がっています。インフォームドコンセントが徹底されている現代医療において、治療法が拡充されることは患者さんにとって得がたいメリットであり、デメリットにはなり得ません。

このサイトでは、日本におけるがん治療の現状を紹介しつつ、通院によるがん治療のプロセスとそれ以外の選択肢について実例をまじえてお伝えしていきます。海外で研究段階にある最新のがん治療についても御紹介しますので、ぜひとも参考になさってください。

変わりゆく日本のがん治療

入院治療と比較した場合、がんの通院治療には果たしてどのようなメリットがあるのでしょうか。入院治療では得られないがんの通院治療のメリットとデメリット、がん治療の注意点について具体的に御紹介していきます。信頼できる病院選びのポイントについても詳しくお伝えしていきますので、ぜひとも参考になさってください。

通院治療のコストパフォーマンス

がん治療を長期的につづけるうえで意識したいのがコストの問題です。特に、治療の難しいがんになるほど治療も複雑化し、トータルの治療費のほうもどうしてもかさんでしまいます。入院治療とは異なる通院治療のコストについて具体的に解説していきますので、ぜひとも参考になさってください。

進化をつづけるがん治療

かつて、がん治療といえば日本では外科手術しか選択肢がありませんでした。しかしながら、患者側の権利擁護やQOL向上の観点からがん治療の選択肢も次第に拡大し、より高い自由度が保障される時代になりました。日本だけでなく海外にも視野を広げ、がん治療の最前線について見ていきましょう。

TOP